さっぽろ・こども情報誌「あそぼ」2018年8月号

さっぽろ・こども情報誌「あそぼ」2018年8月に掲載していただきました。
“生きる”をかたちに、をテーマに2ページにわたってご紹介いただきました。
 


 
PDFはこちら
http://www.syaa.jp/pdf/aosbo/asobo53.pdf
ウェブサイトはこちら
http://www.syaa.jp/syaa/asobo/
 
余談ですが、こちらの冊子は以前父が本の紹介をしていた冊子でもあり、
時を経てですが親子掲載、とても嬉しいです。
よろしければ、是非ご覧ください。


CIBONE CASE@GINZA SIX「CASE: 10 -scape」

4/16追記)
本日展示している作品が全て売約となりました。
海外の方でそのままお持ち帰りになられたので、しばらく私の作品は無い状態です。
また追加していただけるかもしれないので、再度お知らせいたします。
ご予定の方には申し訳ございません。
(びっくり!嬉しい!!!!)
 

東京・GINZA SIX内、CIBONE CASEさんの企画「CASE: 10 -scape」に出展いたします。

「CASE: 10 -scape」
4月11日(水) – 5月8日(火)
湯浅克俊、Amnon Lipkin、岩崎広大、能登夫妻、クスミエリカ、他
 
CIBONE CASE
東京都中央区銀座6-10-1GINZA SIX 4F

01
CASE: 10
-scape

4月11日(水) – 5月8日(火)

開催: CIBONE CASE (GINZA SIX 4F)

眼の前に広がる景色

その景色を少し角度を変えて見てみる
自分の心に任せてトリミングしてみる
色を変換してみる
遠くから同じ景色を見てみる
時には、実像だけではなく、想像と混じりあった景色を作り出し、
自分の頭の中で、その風景を思い描いてみる

-scape
本来、その言葉だけではとても抽象的で、定まっていない視点
同時に、あなたが見つめる、思い描く風景をより心にとどめるために、存在する言葉

http://www.cibone.com/contents/case10.html

出展作品は、”変転のコリドー”と”カタルシスの浜”より数点です。


季刊誌「BIOCITY」の表紙に採用されました

IMG_4811_1ss
環境・文化・アート関連の書籍刊行や情報発信を行う出版社、株式会社ブックエンドさまの、環境から地域創造を考える総合雑誌「BIOCITY」No.74 の表紙として作品 ”変転のコリドー” が採用されました。
 
 

978-4-907083-46-5

「社会を直すと自然が治り、自然を直すと社会が治るという、不思議な回路を意識し、制度や事業に採り入れることで、都市や世界に働きかけるデザイン」として、世界的潮流として注目される「エコデモ」の入門書。

BIOCITY ビオシティNo.74 エコロジカル・デモクラシーのデザイン 世界をつなぐ15 の原則

 
 
社会を直すと自然が治り、自然を直すと社会が治るという、不思議な回路。
私がこの作品で描いていた世界観ととても近く、驚きました。
株式会社ブックエンドさまは、3331アーツ千代田にある出版社で、アートフェア出展中にお声がけいただき、今回機会をいただけることになったという次第です。
バックナンバーにも錚々たる作家、アーティストの皆さまの作品が採用されており、大変光栄な機会となりました。
非常に興味深い内容の雑誌です。機会がありましたら、是非お手にとってみてください。


Back to top page