salon cojica「3回目のはじめてに」出展します

from the first to the third「3回目のはじめてに」
http://www.salon-cojica.com/
salon cojicaは、12月13日に3回目のはじめてを迎えます。
前よりも少しだけ大きな、ギャラリーとカフェができました。
これまでを支えていただいた作家たちによる、これからの作品とともに、皆様をお待ちしております。
 
この「3回目のはじめてに」に、参加しています。
cojicacokuchi
タイトルは「胡蝶蘭頭の牡鹿と鶏の番」
大人になったコジカと始まりをつげる鶏のつがいは、御祝いの胡蝶蘭ヘッズ。
私にとっても”はじめて”の挑戦である、金属転写でつくりました。
 
■会期
12月13日~1月31日(年末年始・日月休廊) 11:00~19:00
 
■出展作家
青山裕企、有本ゆみこ、いそのけい、今村遼佑、小野翔平、風間雄飛、樫見菜々子、クスミエリカ、鈴木悠哉、武田浩志、田中佐季、pater、前田ひさえ、南俊輔、ほか
 
■場所
salon cojica
〒001-0023 北海道札幌市北区北23条西8丁目 coneco bld. 1F


クスミエリカ・白山郁美 二人展「Parallel」

クスミエリカ・白山郁美 二人展「Parallel」開催致します。
日時:2014.9.19(金)~2014.9.30(火) 12:00 – 19:30(最終日のみ18:00まで)
場所:space SYMBIOSIS 札幌市中央区南2条西4丁目10-6 SYMBIOSIS bld 1F
入場無料

自ら撮影した写真を用い、現実の具象から非現実の世界を構成するデジタルフォトコラージュを制作するフォトグラファー・クスミエリカ。 「身体は移ろう美術館である」というコンセプトで、身につけることのできる作品をメインに制作する「Marzo」主宰のジュエリー作家・白山郁美。 それぞれの”Parallel”な世界を表現する二人展を開催いたします。

9/19展示初日の金曜日、20時からオープニングパーティも企画しております。参加は無料です。
久しぶりに新作を作っております。ジュエリーも本当に素敵です。
ご高覧いただけましたら幸いです!


クスミエリカ展「ambivalence」

postcard_omote_kusumi

北海道文化財団アートスペース企画展Vol.19
クスミエリカ展「ambivalence」開催します。

前回お知らせの「北のとびら」にも掲載いただいた、
北海道文化財団様のアートスペースにて、個展を開催することになりました。
2012年salon cojicaにて開催した個展「白の虚像」にて展示した作品と、
2013年から現在までに制作した作品数点、また、
演劇「12人の怒れる男」のために制作した新作1点を展示します。
またポートレート写真の展示も予定しています。

2014年4月7日(月)~2014年5月30日(金)
9:00~17:00 土・日・祝日休館 入場無料
北海道文化財団アートスペース
〒060-0042札幌市中央区大通西5丁目11大五ビル3F
公益財団法人北海道文化財団内
TEL011-272-0501 FAX011-272-0400
http://haf.jp/
事務所の運営他、諸般の事情により、急遽休館する場合があります。

ambivalence=両面価値; (相反する)感情の交錯; あいまいさ.
過去と現在、現実と非現実、加工と未加工、
自分自身の二面性を紹介する展示として、
様々な意味を内包する単語を展示名としました。
長期間の展示となります。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。


北海道文化財団発行「北のとびら」vol.100に掲載されました

北海道文化財団発行「北のとびら」vol.100、この人に注目のコーナーに掲載されました。
kitanotobira
2014年3月発行。あちこちの公共機関、ギャラリーなどに配布されます。
無料ですので見かけたら是非お手に取ってみてください。

4月より、同財団のアートスペースにて、展示を行う予定です。
情報は近々アップいたします。


12人の怒れる男 デジタルコラージュ作品

イレブンナインプレゼンツ dEBoo#1『12人の怒れる男』
12peaple
舞台の世界観を表現したデジタルコラージュ作品を制作しました。
また広告用に各役者さんのポートレートを撮影しました。

1957年に上映されたアメリカ映画が基となり、これまでに世界中の多くの劇団や
プロデュース公演などで扱われてきた『12人の怒れる男』の舞台版に札幌内外で
活躍する実力俳優達が真っ向から挑む。正義とは何なのか、
人が人を裁くとはどういうことなのかを考えさせられる作品である。
イレブンナイン 小島達子さんプロデュース公演。
—-
2014年5月16日(金)〜19日(月)
チケット料金 一般◎前売り 2,800円/当日 3,000円 学生◎1,200円(前売・当日)
ペアチケット◎5,000円(前売りのみ、Corichチケット!のみの取り扱い)
※日時指定、全席自由、税込(未就学児童入場不可)
http://eleven9.jp/12nin/


Meets2014春

meets2014
ドラマチッククリエイション&エンターテイメント企画さんの企画展に参加しています。
B1サイズというかなり大判サイズで展示。新札幌のサンピアザの階段踊り場で5月末までの予定です。
プロから学生まで様々な方々が参加しているようです。
お近くにお立ち寄りの際には是非ご覧くださいませ。

イラストレーターとして活躍するプロから、デザインを勉強中の学生まで、札幌を中心に活動している10人のクリエイターが「春」をテーマにB1サイズのポスターを制作。それまで、セール時などに宣伝ポスターが貼られるだけの場所だった踊り場のポスターボードがギャラリーに変身、表現の場となりました。

———————————————————————————————————

場所 札幌市厚別区厚別中央2条5 サンピアザ階段 B1~3階踊り場

期間・時間 2014年 3月上旬~2014年5月下旬(予定) 10:00~21:00

参加作家(順不同、敬称略)
yven、emchaka、Noti、reenu、yvonne、からあげ、ギアナ高知まもる、クスミエリカ、ちゃび、なちか(順不同)

※期間中にイベントなどが行われる場合、一時ポスターが撤去される場合もあります。

———————————————————————————————————

2012年春に作った「Spring ephemeral」(春の儚いもの)の連作です。
実は未発表作品です。お近くにお立ち寄りの際には是非。


2014

2014postcards
昨年は大変多くの方々にお世話になりました。
作家としても、技術者としてもまだまだ未熟な私でありますが、
今後も様々な活動をしていきたい所存です。
今年もお見守りくだされば幸いです。

2014年もよろしくお願いいたします。


Back to top page