ELEVEN NINES dEBoo #2 『そして誰もいなくなった』 ビジュアル制作

#2スライド1
公式サイトはこちら。http://eleven9.jp/deboo2/
ELEVEN NINES presents dEBoo #2 『そして誰もいなくなった』 ビジュアル制作しました。
ミステリーの女王アガサ・クリスティの名作。
unknown_S
作品タイトルは「unknown」。
読んだ事がある方にはピンとくるタイトルかもしれませんね。
イレブンナインさんはいつも広告や役者さんの撮影でお世話になっている劇団で、deboo(デブー)というシリーズは、前回12人の怒れる男で、散々お知らせしてたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
デブーの広告ではいつもクスミ色全開のコラージュや写真を使ってくださってたのですが、今回はそもそも役者さんではなく、完全に『そして誰もいなくなった』の世界で作品を、とのご依頼をいただきまして、このような作品となりました。
結構全力出したつもりです。なので、結構エグいです。

小説版の『そして誰もいなくなった』は過去何度も読んでいたのですが、改めて制作の為に読み直すと、見事なトリック、息をつかせぬ展開、凄惨なはずなのに淡々とした(ように私には見える)描写!
10人も登場人物が居るのに、ちゃんと書き分けられているのもすごい。横文字名なので何度も確認する羽目になりましたけど。
そしてあの結末は誰にも予想出来ないだろうなあと。出来ますかね?私にはムリ。
寝る間を惜しんで読み続けられる、名作中の名作。ミステリーの中のミステリー。ものすごく面白いです。本当に面白いので、是非読んで欲しいです。ミステリーが苦手な人でもサラッと読める長さです。普通の文庫よりちょっと短いかな、くらいの文量なんですよ。実は。名探偵モノの現代の漫画とかでも出てくるトリックとかの元ネタだったりが出てきて、あ~これってこうなんだ~って思えたりもします。

それが舞台になるんですよね。しかも日本を舞台にするってわけで・・・

↓ ↓ ↓

『12人の怒れる男』に続くデブー第2弾。
ミステリーの女王アガサ・クリスティ不朽の名作を、日本を舞台にイレブンナインの納谷真大が甦らせる!!

原作/アガサ・クリスティ
訳(戯曲版)/福田逸
翻案・演出/納谷真大

◎キャスト(五十音順)
江田由紀浩/大橋千絵/京極祐輔/熊谷嶺(霊6)/倖田直機(実験演劇集団風蝕異人街)/榮田佳子(劇団千年王國)/すがの公(札幌ハムプロジェクト)/中塚有里(劇団清水企画)/納谷真大/藤本道(富良野GROUP)/明逸人

◎日程 2016年8月4日(木)〜8月7日(日)

詳細は公式サイトをご覧ください。

 
 
イレブンナインのデブー前回作『12人の怒れる男』は動員約3000人という北海道では異例の大ヒットを飛ばしておりまして、今回も実力派俳優をそろえ、もう稽古も始まっているようです。
面白さは折り紙つき。(と、プレッシャーをかけておきます)
フライヤー・ポスターなどの制作も進んでおります。是非ゲットしていただき、ご予約等もいただけましたら、幸いでございます。
どうぞよろしくお願いいたします!


JRタワー・アートプラネッツ2016「夢・つなぐ風景」 に出展します

artplanets2016
北海道新幹線開業記念 JRタワー・アートプラネッツ2016「夢・つなぐ風景」

札幌芸術の森美術館 「モーション/エモーション ―活性の都市―」に出展していた作品「変遷する都市」を2点出展します。

【会期】2016年7月2日(土)~7月24日(日)10:00~19:00(入場18:30まで)
【場所】プラニスホール(エスタ11階)札幌市中央区北5条西2丁目
【入場料】一般・高大生300円(中学生以下無料)

■出品作家:
相田幸男、秋元美穂、朝地信介、安積徹、石川潤、菊池潤子、クスミエリカ、栗谷川健一(故)、経塚真代、ささきようすけ、隅田信城、滝花保和、西田靖郎、羽山雅愉、久野志乃、平向功一、基敦、盛本学史、安田祐子、山川真一

■展示詳細
JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、その優れた作品を紹介する美術展「アートプラネッツ展」を2009年からプラニスホールにて開催してきました。本年は、長年の“夢”とされてきた北海道新幹線が3月に開業したことを記念して、函館から札幌へ未来の景色をつなぐ“風景”をテーマにしました。道南~道央 の作家を中心に、未来へつなぐ夢、そして、旅情あふれる車窓のように、魅力的な景色を垣間見せてくれる作品の数々を展覧いたします。

■主催
札幌駅総合開発株式会社、JRタワー・アートプラネッツ実行委員会
【JRタワー・アートプラネッツ実行委員会】
委員長:吉田豪介(美術評論家)
委員:佐藤友哉(札幌芸術の森美術館 館長)
中村聖司(北海道立三岸好太郎美術館 副館長)
久米淳之(北海道立近代美術館 学芸部展示・作品課長)
久木佐知子(ギャラリーシーズ代表)
寳地一仁(札幌駅総合開発株式会社 文化事業部長)

■お問合せ先
札幌駅総合開発株式会社
営業本部 文化事業部 文化事業チーム
TEL:011-209-5075(寶地、佐藤、吉田)
FAX:011-209-5074
公式サイト:http://www.jr-tower.com/planishall_news_detail/1810


札幌芸術の森美術館 「モーション/エモーション ―活性の都市―」に出展します。

151130_ポスター
札幌美術展 モーション/エモーション ―活性の都市―

【会期】2016年1月17日(日)~3月27日(日)月曜休館
【場所】札幌芸術の森美術館
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
【電話】(011)591-0090 
【開館時間】9:45~17:00(入場は16:30まで)
【観覧料】一般700円(560円)、高校・大学350円(280円)、中学生以下150円(120円)
※( )内は20人以上の団体料金

【前売券販売場所】
道新プレイガイド、大丸プレイガイド(大丸藤井セントラル内)、オーク画材、札幌市民ギャラリー、札幌市教育文化会館、札幌芸術の森美術館
(販売期間:12月11日(金)~1月16日(土))

 
私たちが暮らすこの「都市」という場所。それは、どのように生まれ、どんな姿をしているのでしょうか。
都市は人々の生活の拠点であり、私たちを包み込んでくれる場所です。人々の暮らしや感情が、地層のように積み重なり、ひとつの都市を作り上げています。都市を形作る街並みは、少し目をはなしたすきに増殖したり、縮んだり、あらゆる方向へ蠢(うごめ)くその様子は、活発に分裂を繰り返す細胞のようですらあります。また、目をこらせば、人工物で覆われた都市のなかには自然や生き物が身を潜めているのがわかるでしょう。
本展覧会は、北海道を中心に活躍する9人のアーティストたちの作品約90点を通じ、一つの生命体のように増殖と明滅をくりかえす都市の姿と、そこに生きる人々の感情に焦点をあてます。
 

出品作家:
安藤文雄、クスミエリカ、武田志麻、千葉有造、楢原武正、野澤桐子、羽山雅愉、森迫暁夫、山川真一

 
関連事業:

■ギャラリー・ツアー
札幌市芸術の森美術館学芸員が出品作品について解説します。
【日時】1月30日(土)、2月11日(木祝)、2月13日(土) 各回14:00~14:40
【場所】札幌市芸術の森美術館展示室
【料金】無料(当日有効の展覧会観覧券が必要)
 

主催/札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援/北海道、札幌市、札幌市教育委員会


Back to top page