JRタワー・アートプラネッツ2016「夢・つなぐ風景」 に出展します

artplanets2016
北海道新幹線開業記念 JRタワー・アートプラネッツ2016「夢・つなぐ風景」

札幌芸術の森美術館 「モーション/エモーション ―活性の都市―」に出展していた作品「変遷する都市」を2点出展します。

【会期】2016年7月2日(土)~7月24日(日)10:00~19:00(入場18:30まで)
【場所】プラニスホール(エスタ11階)札幌市中央区北5条西2丁目
【入場料】一般・高大生300円(中学生以下無料)

■出品作家:
相田幸男、秋元美穂、朝地信介、安積徹、石川潤、菊池潤子、クスミエリカ、栗谷川健一(故)、経塚真代、ささきようすけ、隅田信城、滝花保和、西田靖郎、羽山雅愉、久野志乃、平向功一、基敦、盛本学史、安田祐子、山川真一

■展示詳細
JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、その優れた作品を紹介する美術展「アートプラネッツ展」を2009年からプラニスホールにて開催してきました。本年は、長年の“夢”とされてきた北海道新幹線が3月に開業したことを記念して、函館から札幌へ未来の景色をつなぐ“風景”をテーマにしました。道南~道央 の作家を中心に、未来へつなぐ夢、そして、旅情あふれる車窓のように、魅力的な景色を垣間見せてくれる作品の数々を展覧いたします。

■主催
札幌駅総合開発株式会社、JRタワー・アートプラネッツ実行委員会
【JRタワー・アートプラネッツ実行委員会】
委員長:吉田豪介(美術評論家)
委員:佐藤友哉(札幌芸術の森美術館 館長)
中村聖司(北海道立三岸好太郎美術館 副館長)
久米淳之(北海道立近代美術館 学芸部展示・作品課長)
久木佐知子(ギャラリーシーズ代表)
寳地一仁(札幌駅総合開発株式会社 文化事業部長)

■お問合せ先
札幌駅総合開発株式会社
営業本部 文化事業部 文化事業チーム
TEL:011-209-5075(寶地、佐藤、吉田)
FAX:011-209-5074
公式サイト:http://www.jr-tower.com/planishall_news_detail/1810


札幌芸術の森美術館 「モーション/エモーション ―活性の都市―」に出展します。

151130_ポスター
札幌美術展 モーション/エモーション ―活性の都市―

【会期】2016年1月17日(日)~3月27日(日)月曜休館
【場所】札幌芸術の森美術館
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
【電話】(011)591-0090 
【開館時間】9:45~17:00(入場は16:30まで)
【観覧料】一般700円(560円)、高校・大学350円(280円)、中学生以下150円(120円)
※( )内は20人以上の団体料金

【前売券販売場所】
道新プレイガイド、大丸プレイガイド(大丸藤井セントラル内)、オーク画材、札幌市民ギャラリー、札幌市教育文化会館、札幌芸術の森美術館
(販売期間:12月11日(金)~1月16日(土))

 
私たちが暮らすこの「都市」という場所。それは、どのように生まれ、どんな姿をしているのでしょうか。
都市は人々の生活の拠点であり、私たちを包み込んでくれる場所です。人々の暮らしや感情が、地層のように積み重なり、ひとつの都市を作り上げています。都市を形作る街並みは、少し目をはなしたすきに増殖したり、縮んだり、あらゆる方向へ蠢(うごめ)くその様子は、活発に分裂を繰り返す細胞のようですらあります。また、目をこらせば、人工物で覆われた都市のなかには自然や生き物が身を潜めているのがわかるでしょう。
本展覧会は、北海道を中心に活躍する9人のアーティストたちの作品約90点を通じ、一つの生命体のように増殖と明滅をくりかえす都市の姿と、そこに生きる人々の感情に焦点をあてます。
 

出品作家:
安藤文雄、クスミエリカ、武田志麻、千葉有造、楢原武正、野澤桐子、羽山雅愉、森迫暁夫、山川真一

 
関連事業:

■ギャラリー・ツアー
札幌市芸術の森美術館学芸員が出品作品について解説します。
【日時】1月30日(土)、2月11日(木祝)、2月13日(土) 各回14:00~14:40
【場所】札幌市芸術の森美術館展示室
【料金】無料(当日有効の展覧会観覧券が必要)
 

主催/札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援/北海道、札幌市、札幌市教育委員会


FAbULOUS WALL featuring クスミエリカ

「FAbULOUS WALL featuring クスミエリカ」
日時:2015年10月7日(水)~11月7日(土) 11:00~25:00
場所:FAbULOUS 札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1階
   地下鉄 東西線 バスセンター前駅 出口34 徒歩5分
入場無料

展示と作品のテーマは「Historia」。探究という意味のギリシア語です。
歴史、物語などの意味である英単語Historyの由来になった言葉でもあります。
横長の大型作品+αを展示予定です。カフェスペースに展示のため、
ごゆっくりご覧になる場合には何かご注文いただいた方が良いかもしれません。
ご観覧だけでももちろんOKです。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

fabulouswall_kusumierika
fabulouswall_kusumierika

また同会場ファビュラスにて同時期開催企画があります。

「Inspiration circus」
日時:2015年10月7日(水)~11月14日(水)

この街のクリエイターが魅せる、感性の共演。
スタイルやジャンルを問わず、選ばれたクリエイター達の閃きと
感性が織り成す「作品のサーカス」を同時期開催します。
Tsunoo / sippo’s sampling / wataru.N / COAS / Ryota Konno / ONOE NOTE / クスミエリカ
※随時情報追加予定


Back to top page